03-5907-5775
ホーム
調査項目
ご依頼の流れ
料金について
よくある質問
探偵業法とは
ご依頼者様からの声
会社情報
お問い合わせフォーム

不動産トラブル

不動産トラブル

近年、投資用マンションや不動産に係るトラブルが相次いでおりますが、その投資に明るい未来はありますか?
利益を得たいと思っている人がいる以上、損得にまつわる不動産トラブルは絶えることはありません。不動産取引には様々な法律や法令の制限など、素人には理解するのが難しくなっております。 さらに契約では売主と買主の思い込みや契約書の間違い、不備などもあり悪質な場合は、ごまかしなどもあり、様々な要因が複雑に絡み合って難しい問題になることがあります

不動産投資トラブルの特徴

「絶対に儲かる」
「絶対損はしない」
「こんな良い物件はめったにない」
「賃貸に出せば利益が出る」
「入居者が居ないことはあり得ない」
などと、まずは執拗な電話勧誘で良い事尽くめの説明から始まり、多くの場合は会社などにかかってくるので、会社に迷惑はかけられないと思う気持ちから業者と会う約束をしてしまいます。
長時間にわたり勧誘され契約してしまった」
「強い口調で脅された」
「嫌がらせを受けて渋々契約してしまった」
「断ると逆切れされた」
「不安を煽り立て、自分が間違っていると思わせられる」
「帰らせてくれない」
など業者と会い、購入する意思が無いとわかると、脅迫されたり軟禁状態にされ仕方なくハイリスクの物件を高値で契約してしまったという方が増えております。業者と会って断ることは難しいと思って下さい。 また執拗な勧誘に疲れ果てた被害者は冷静な判断力を無くし、つい契約してしまいます。悪徳な不動産業者は強引なやり方で不当な契約を迫ります。 実際には投資どころかローン返済額と家賃収入の割合が合わず毎月不足分を払う羽目になります。また、入出者の敷金・礼金などの行方、用途などの情報や利益もありません。

悪徳業者には

宅地建物取引業法施行規則では「正当な理由なく、当該契約を締結するかどうかを判断するために必要な時間を与えることを拒むこと」や 「電話により長時間の勧誘その他の私生活または業務の平穏を害するような方法で困惑させること」は禁止されています。 また、何度断っても執拗に購入を迫ってくる業者には、その都度、日時、通話時間、話の内容(暴言)を記録し証拠を残しておくとよいでしょう。 当社では各分野の専門スタッフが徹底した調査を行い、契約の不当性を立証して解約のサポートをさせていただきます。
お電話でのお申込み・ご相談は03-5907-5775

リンク

インフォメーション

2013.01.07
ホームページリニューアルしました!
これからもよろしくお願いします。